ゴルフ・不動産・知っ得情報など、皆さんのお役にたつ情報を配信していきます。

エースネット  ブログ

不動産

意外と知らない駐車場の一般常識!車止めの位置ってご存知ですか?

更新日:

Pocket
LINEで送る

意外と知らない駐車場の一般常識!車止めの位置ってご存知ですか?

駐車場にて車の停止位置の目安として

利用されている車止め。

 

何気なく駐車されていると思いますが、

様々な車種があるのに車止めの位置って

どのようになっているのか

気にされた事はありませんか?

 

まあ、普通は気になりませんね。笑

 

ただ、自宅の駐車場にて

車止めを設置する事になったり、

ひょんな事から知人から相談される事も

あるかもしれません。

 

そんな時の為に今回は

車止めの位置や気をつけるポイント

についてご紹介いたします。

 

何か少しでもお役にたてると幸いです。(^-^)

 


スポンサーリンク

 

 

一般的な車止めの設置間隔

 

一般的なコンクリート製の車止めは、

横幅60cm

縦幅18cm~20cm

となっております。

 

 

車止めと車止めの間隔は、

軽自動車専用の場合は60cm間隔、

普通自動車の場合は70cm間隔

が一般的な設置間隔となります。

 

 

一般的な設置間隔(横方向)

 

あくまで一般的なサイズですので、

もっと長いサイズや、

片側だけに車止めを設置する

ケースもあります。

 

限られた場所で駐車スペースを検討するので、

基本を押さえて考慮する事で、

様々な応用がきくと思います。

 

車止めの後方との距離や寸法

 

次に車止めの後方との距離ですが、

車止めまで駐車した時に

車両が後方の壁やフェンスに

衝突しないようにする必要があります。

 

その場合車種にもよりますが、基本的に寸法は以下のようになります。

 

一般的な壁面との距離寸法

 

軽自動車の場合には

車止めの後ろの部分から壁、

フェンスまでの距離が50cm、

普通自動車の場合は120cmの距離を取り、

設置すればほとんどの場合衝突する事はありません。

 

コインパーキングや来客駐車場といった

不特定多数の駐車がある場合には、

120cmの距離をとり設置する事が望ましいです。

 

この際気をつける点が、

車止めの後ろの部分と前の部分と誤って

後方の壁やフェンスとの距離を測る場合があります。

 

上記の数値は車止め後方からの距離となります。

誤って車止め前方からの距離にしてしまうと

壁やフェンスとの距離が縮まり、

車が衝突してしまう場合がありますので

お気をつけてください。

 


スポンサーリンク

 

車止め設置に伴う気をつけるポイント

 

ポイント①

 

車止めは駐車する車を守る為とも思われがちですが、

実は駐車した際、

車両が誤って建物に衝突したりしないように

駐車場側を守る為のものでもあります。

 

最近きっちり駐車したつもりが

サイドブレーキの引き忘れや、

パーキングへの入れ忘れにより

駐車した後に車両が動きだし、

駐車場施設をつきやぶり建物を破壊したり、

歩道に乗り出したりするケースも増えてきております。

 

ぜひ自分自身を守るといった点でも

駐車スペースには車止めの設置をする事を

おススメ致します。

 

ポイント②

 

車止めの設置の場合は、

ボンドのみの設置ではなく、

必ずアンカーによる設置と

ボンドによる設置をする事が望ましいです。

 

せっかく設置したタイヤ止めも

設置が弱ければすぐに外れてしまい、

とんでもない場所にズレてしまい、

車止めを信用して駐車したら車両がぶつかってしまった。

といったケースの事故も多く発生しています。

 

車止めの設置はアンカーとボンドにて

がっちり設置いたしましょう。

 

 

ポイント③

 

最近U字型のラインも増えてきました。

その際は今まで紹介していた

シングルラインからU字ラインに変更したい場合、

基本的に設置場所の間隔は同じですが、

ラインを引き直す際に

既存の車止めが邪魔になりますので、

一度車止めを外し、ラインをU字に引き直し、

その後車止めを再設置する必要がありますので

ご注意くださいね。

 

「U字ライン 駐...」の画像検索結果

 

 

 

まとめ

 

たかが駐車場ですが、されど駐車場。

 

車止め一つにも色々な意味があり、

知っているのと知らないとでは

大きな差があります。

 

車を止める人側としては

車止めにタイヤが当たるまで進めば

大丈夫と思ってます。

 

駐車場側はこれ以上車がくると

建物や壁に衝突するので

これ以上こないで!

といったサインとなっています。

 

お互いの立場をよく理解して、

事故やトラブルが無いように、

余裕をもった距離の設置、

そして念には念をいれた

頑丈な車止めの設置をする事が大事ですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

読んだよ!のしるしに

下の2つの画像を
クリックしていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 


スポンサーリンク

-不動産
-

Copyright© エースネット  ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.