ゴルフ・不動産・知っ得情報など、皆さんのお役にたつ情報を配信していきます。

エースネット  ブログ

ゴルフ

ゴルフのルールを知りスコアアップ!グリーン上の旗竿のルールとマナーとは?

更新日:

Pocket
LINEで送る

 

 

 

 

ゴルフってマナーやルールが

多くありますが、

今回はグリーン上での、

旗竿(以下ピン)についての

ルールとマナーをご紹介します。

 

ピンって、

一体いつ、誰が、

どのように抜いたらいいのか?

ちゃんと知っていますか?

 

 

 

また、ピンにボールが当たると、

罰則があるって事ご存知でしたか?

 

今回はグリーン上にて恥をかかず、

そして無駄な罰則をうけない為の

ルールについてご紹介いたします。

 

しっかり内容を理解して、

今後のスコアアップに少しでも

お役にたてれば幸いです。

 


スポンサーリンク

 

1 ピンの基本的な扱い方、流れ

 

 

 

同じ組でラウンドしている人が

全員グリーンにオンをしたら、

基本は、

カップの一番近くに

ボールがある人

がピンを抜きます。

 

一番ピンより遠い人から順番に

パッティングを行うので、

効率のよいプレーの為、

一番ボールが近い人が

すぐにピンを抜きます。

 

但し、一番最後に

ショットした人が、

ピンの一番近くに

ナイスオンした場合、

どうなるでしょうか?

 

この場合、

先にグリーンにオンして、

ラインを読み終えている人が

ピンを抜くように動くと、

効率のよい進行につながります。

 

このように、

基本はボールがピンに

一番近い人がピンを抜きますが、

場合によっては、

ボールが一番近くても、

まだグリーンまでに距離がある場合は、

時間に余裕のある人がピンを抜き、

全体的な効率のよい進行を行いましょう。

 

 

2 ピンのアテンド(付き添い)方法

 

 

 

グリーンでのパットの際、

カップまでの距離があったり、

段差などでカップの位置が

見えにくい場合、

ピンを同伴者やキャディーさんがもち、

カップの位置を示すことを、

アテンド(付き添い)

といいます。

 

ここで注意していただきたいのが、

グリーン上からパットをした場合、

打ったボールがピンにあたると

なんと「2打罰」

となります。

※マッチプレー時はその時点で負け

 

ですので、

グリーン上からパットを行う時は、

必ずピンを抜くか、

同伴者かキャディーさんに

アテンドをしてもらい、

ボールがピンに当たらないようにしてください。

 


スポンサーリンク

 

3 ピンを抜くときの注意点とは

 

ピンを抜いたら、

プレーヤの邪魔にならないように

グリーンの外へ置くようにします。

 

また、アテンドをしていた場合は、

ピンがささったままでは抜きにくく、

最悪ボールがピンに当たってしまう

恐れがあります。

 

ですので、ピンをあらかじめ少し抜いておいて、

ピンの下をカップの壁面に沿わせて

まっすぐに立て、

ボールが近づいたらすぐに持ち上げ、

ピンや自分にボールがあたらないようにします。

 

何度も申しますが、

ボールがピンにあたると、

2打罰!

ですからお気をつけて。

 

そして、グリーンの外にあるピンですが、

同じ組で最初にホールアウトした人

がピンを持ちます。

 

そしてピンを下に向け、

バタつかないように持ちます。

 

ピンを上に向けて持つと、

後ろの組がホールアウトしたと

勘違いして打ち込んでくる恐れも

あります。

 

ですので、ピンは必ず下に向けて

もってください。

 

全員がホールアウトしたら、

ピンをカップにまっすぐに差し、

速やかに次のホールへと進んでください。

 

 

4 ピンのアテンドのルール

 

 

ピンのアテンド(付き添い)ですが、

ボールがグリーンの上か外かで

状況が変わります。

 

 

◆グリーンの上からパットを行う場合◆

 

グリーン上からパットした場合、

ボールがピンに当たると、

2打罰

でしたね。

 

アテンドする場合は、

ボールが当たらないように

しっかりとピンを抜いてくださいね。

 

 

◆グリーンの外やカラーにボールがある場合◆

 

基本的に同じ組の人が全員グリーンに乗ってから

ピンを抜きますが、

グリーンの外からボールを打つ人が、

ピンを抜く選択をした場合、

ピンを抜いてもかまいませ

 

ただ、グリーン外からボールを打つ場合、

ピンを抜くか抜かないかで少しルールが異なります。

 

 

①ピンを抜く、アテンドをしてもらう場合

 

ピンやアテンドをしてもらった人に

ボールがあたると、

2打罰

となります。

 

 

②ピンを残す場合

 

この場合、ピンにボールが当たっても

罰則はつきません。

 

ただし、ボールが止まる前にピンを

抜いてはいけません!

 

抜いた場合、2打罰となります。

 

しかも、同伴者が親切で無断で

ピンを抜いた場合、

プレーヤではなく、

なんと、

ピンを抜いた同伴者に

2打罰!

がつきます。

 

ピンを抜く際は、

必ず打つ人に確認し、

またボールも

グリーンの上か外か

をしっかり確認してから

アテンドするようにしてくださいね。

 

くれぐれもご注意くださいね。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

グリーンの上でのルールを

知っているか知らないかでは

全然結果が変わりますね。

 

またプレーヤー同士距離も

近く、緊迫した場面も

多くあるので、

しっかりとルールとマナーを

理解してゴルフを楽しみましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

読んだよ!のしるしに

下の2つの画像を
クリックしていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 


スポンサーリンク

-ゴルフ
-

Copyright© エースネット  ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.