ゴルフ・不動産・知っ得情報など、皆さんのお役にたつ情報を配信していきます。

エースネット  ブログ

ゴルフ

ゴルフのルールって意外と知られていない!よくある困った時の4つのルールとは?

更新日:

Pocket
LINEで送る

 

 

 

ゴルフは最終的に

カップにボールを入れる

スポーツですが、

それまでに

色々な細かなルールが

ある事をご存知ですか?

 

ゴルフにはとてもたくさんの

ルールが存在します。

しかし、それらのルールを

全て覚えなければ

プレーができないって

事はありません。

 

今回は、最低限知っておきたい

よくある困った時の

4つの対処ルールをご紹介いたします。

 

ルールを正しく知って、

ゴルフをちゃんと楽しみましょう!

 

何か少しでもお役に立てれば幸いです。!(^^)!

 


スポンサーリンク

 

 

1 空振りをした場合

 

 

 

空振りをした場合は、

ペナルティー(罰)

ありません。

 

ただ、空振りも1打

となります。

ですので、

空振り後、

ショットを打ちなおした場合、

2打目となります。

 

 

2 打ったボールが見つからない場合

 

 

最後にショットした場所に戻り、

1打罰をつけて、

別のボールを打ちます。

 

プレー区域内で、

ボールをなくしてしまう事を

ロストボールと呼びます。

 

打ったボールを5分以内に

見つけられなかった場合、

ロストボールとなります。

 

また、気を付けてほしいのが、

見つかったとしても、

そのボールが自分のボールである

とった確証がない場合、

それもロストボールとなります。

 


スポンサーリンク

 

3 ボールを拾う、蹴って動かした場合

 

ショット以外で

ボールを拾ったり、

蹴ったりして、

ボールを動かした場合、

場合によって罰の内容が変わります。

 

■プレー中の自分のボールを拾った。蹴った。

1打罰

 

他人のボールを打ってしまった。

2打罰

 

他人のボールを蹴ってしまった。

罰はなく、リプレイスで大丈夫です。

 

■アドレスの後でボールが動いた。

1打罰

 

4 打ったボールが障害物の上にのった場合。

 

 

障害物は大きく2つに分かれます。

「異常なグラウンド状態」

「コースに意図的に配置された

障害物」

かです。

 

■「異常なグラウンド状態」に乗った場合。

 

カート道や人工的な障害物

(水たまり等)は、

本来あるべきものではない、

異常なグラウンド状態とみなされます。

 

その上にボールが乗った場合は、

罰を受ける事なく、

※ニアレストポイントに

ドロップして打ち直しが

できます。

 

※ニアレストポイントドロップとは

 

①障害物から出たところ

②ホールに近づかないところ

を守り、

障害物に乗ったボールに対し、

最も近い位置にドロップする事です。

 

ドロップは肩の高さから

ボールを地面に落とす事です。

 

■「コースに配置された障害物の

上に乗った場合」

 

コースに意図的に配置された、

池や木の幹の間などに乗り、

打てなくなった場合は、

1打罰となります。

 

その後、ニアレストポイントに

ドロップし、打ち直すといった、

救済措置を受けれます。

 

ただ、水面に浮かぶボールなど、

そのまま打つことを選択した場合は、

1打罰を受け入れず、

打つことも可能です。

 

どちらが自分にとって得かを

考えて選択できます。

 

しかし、大抵の場合は、

救済措置を受けて打ち直しを

した方が得です。笑

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

意外と知ってるようで

知らなかったルールは

多いものです。

 

今回は主にプレー中の

対処ルールについて

ご紹介いたしました。

 

次回は、

その②としてエリア別のルール

についてご紹介していきたいと思います。

 

ルールを正しくしって、

ゴルフをエンジョイしましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

読んだよ!のしるしに

下の2つの画像を
クリックしていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング


スポンサーリンク

 

-ゴルフ
-

Copyright© エースネット  ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.